久しぶりに元彼に連絡

別れてから音信不通の元彼に数年ぶりに連絡をとりたい、できれば復縁を考えている、といった状況の場合あなたならどんなポイントに注意して連絡を取りますか。

別れた元カレが忘れられずにどうしても連絡が取りたい、できれば復縁したいという方は多いようです。でも勇気を振り絞っていざ連絡を取ろうとした場合でも相手に何をどのように伝えればいいのか迷いますよね。そんな方にはこの記事が参考になると思いますよぜひ読んでくださいね。

最初はあくまでさりげなく

なぜ別れたのかにもよりますが、良好な関係での別れ方なら今相手に気になる人や彼女がいるかどうかを確認できる範囲で確認してから「久しぶり、元気にしてる?」など何気ない連絡を送ります。
逆に喧嘩別れなどあまり良い別れ方ではない場合、私に対してあまり良い感情を持っていない可能性が高いため、まずはLINEなどで直接連絡するのではなくSNSで彼のアカウントをフォローしてから偶然見つけた風を装ってDMで「〇〇だよね?」と探りを入れます。

相手の出方を探ろう

復縁したいと匂わせずに、何食わぬ顔で久しぶりに連絡をとってみて、相手の出方を見てみます。
普通に連絡が返ってきたら、友達としてなら連絡を取れるかもしれないのであくまで最初はもうあなたのことを気にしていないよって感じで連絡を取ります。
相手の近況を聞いたりするのではなく、こちらから用件があったから連絡をしたという形にします。
そこから、ちょっとだけ会話できたらして、続くようだったらとりとめのない内容のやり取りをします。

共通の話題を見つけよう

いきなり「やっぱりずっと好きでより戻したい!会いたい!」というようなことを言われても急すぎて相手も驚いてしまうしきっと都合のいい女になり落ちてしまう事があると思うので、まずは、「久しぶり!元気?」のような他愛のない話から進めていき、同じ共通の話ができるように少しずつ探っていく感じで連絡していきたいと思います。
そこから食事の約束をしたり飲みに行こうよーなど誘いをした方が結構自然じゃないかなと思います。

軽い話のネタから入るのが鉄則

重すぎないような連絡を気をつけます。
別れの原因にもよりますが、昔のことを掘り下げるようなことは避けて話しをします。
すぐに恋愛モードではなく、元彼の状況もわからいなので、話のネタは軽いもので話しができるようにこころがけます。
現在は新しい彼女がいるもかもしれないこともふまえて、あせらずじっくり時間をかけて探っていくように気をつけます、電話をして相手の声色で判断してみるのもひとつのポイントになると思います。

重い印象や悲壮感はだめ

あまり前回終わった恋愛を思い出させないくらいの、とても明るく軽やかな感じで連絡を取るようにします。
重い印象や未練的な空気を出さないようにするのと、前より素敵な女性になってる感を出すようにします。
最初は恋愛対象ではなく、友達や飲み友達みたいなライトな関係から始めていくようにします。
あまり相手に不信感や警戒心を抱かれないように、そしてあまり相手に期待しないように適度な関係をキープするところから始めます。

連絡の前にまずはリサーチ

まずはSNS等で結婚していないかのリサーチはこの年齢になると必須ですね。
望まない関係になってしまう可能性が高くなるでしょう。
そこさえクリアにしていれば、仮に恋人がいたとしても元カノからのアプローチに心が揺らぐ可能性は十分にありますからね。
ただ、数年ぶりとなると、元彼さんとの美しい思い出だけが際立っていて実際に会うと変わっていて幻滅した、なんてこともあり得ます。
過去の思い出を前提に、元彼を求める気持ちを抑えておけばギャップにゲンナリせず次の恋へ進めるかもしれませんね。

間違えたふりも有効

間違えたフリをして、意味のないLINEにスタンプを送る。
「ごめん、間違えて送ってしまったけど、久しぶりだね!元気してた?」といかにも偶然を装い、向こうからの返信を待つ。
LINEの方が偶然を装いやすいし、意味のないスタンプだと向こうも返信しやすいと思われる。
ある程度の近況報告もできるし、LINEをブロックされていないかどうかで自分への態度もわかりやすいのではないかなと思う。
まずは、明るく開いていた距離を縮めることをポイントとしてみることが大事かなと思う。

元カレの SNS のチェックは必須

元彼のSNSを全てチェックし結婚していないか、彼女がいないか調べる。
載せている写真を見ると大体「この場所に男同士で行くのはおかしい」=「遊んでいる子がいる」など分かることが多い。
元彼の友人のSNSもくまなくチェックして元彼と一緒に写っている写真がないか確認、女子と一緒に写っていないかを見る。
共通の友人がいる場合は最近どうしてるかな?と探りを入れる。
その辺りをチェックして大丈夫そうなら連絡をとります。

相手の温度感に合わせる

連絡の頻度や内容は「必ず相手の温度感に合わせること」を強く意識します。
「しつこくしすぎないように」「相手の負担にならないように」という事も気を付けながら、最初はサラッと「久しぶり!元気?」と軽めな挨拶LINEから始めます。
返信が遅くても決してプラスの連絡は送りません。
あくまでも相手の温度感に合わせて、軽く返信のしやすい連絡を送ることを意識します。
連絡手段も電話よりはLINEやメールなど、相手のタイミングで返答しやすい手段を選びます。

写メを口実にしてもオッケー

まず、当たり前ですが既に結婚していないかどうか確認します。
そのうえでまだ結婚せず独身だと確認できれば第一段階クリア。
次に相手によりを戻したい気持ちが伝わらないように写メを見て思い出したとかもらったもの見つけて思い出して元気にしているか気になったから連絡してみたと告げます。
こう言って特に相手が嫌がるそぶりがなければコロナの時期どう過ごして允敬、仕事はリモートになったのかとか当たり障りのない話をして3分から5分程度で連絡をやめる。
次に連絡は3日後にして相手がやり取りを拒否しないか探ります。

-久しぶりに元彼に連絡